長崎市の鍵業者 カギ店長崎 0120-395910








トップページ 詳細情報 新着情報 店舗情報 よくある質問 データ
 

 2 0 2 3 年 ブ ロ グ

 


サッシが壊れたとの電話です。年配の方なのでどこの部分のことを言いたいのかおおよそ予想準備してお伺いすると窓のクレセントのことを言いたかったのだとわかりました(写真→一部無くなっています)今回は一般的に上下にネジが付いているタイプみたいですが規格が大きいサイズでしかも自動プッシュロック機能付、あまり普及しているようなクレセントではないみたいですね(同じ物を調べてみると見当たらないようなので廃版になっている可能性が高いです)窓を開けたまま生活できないでしょうからすぐに違う種類のクレセントを加工して取付け、今回は建付けの状態が良好だったのでさほど時間がかからず完了、スムーズに作動し始めました



 


新たに鍵を取付けたいとの来店です。現状鍵式の鍵を使用していますが鍵を無くさないような電子式及びテンキー式の鍵を取付けたいとの事です。ただこの建物、築年数がお客さんが言うには(戦後まもない建物)らしく建物が傾いている状態で戸がきちんと閉まりません(写真)隙間が空きすぎて現状建物の外から室内が見えます。これでは取付出来ませんのでまずは戸をきちんと閉まる状態にしなければなりません。ただ戸も現状のようなネジで調整できる機能を持っていない戸なのでまずは調整用の治具を作製して傾き加減を調整しなければなりません。今回0.5mm単位で治具を作製、厚みが少なすぎると傾きにあまり変化はありませんし、大きすぎると戸がスムーズに動かなくなります。今回1mmで戸がきちんと閉まりスムーズに動く状態となりました。その後テンキー式の鍵を取付け完了しました



 


鍵が回らないとの電話です。現場で確認してみると確かに回りませんしドアも閉まっています。まずは原因を解明する前にドアを開けなければなりません。鍵では回りませんでしたが特殊工具ですぐに解錠、その後分解し原因解明です。今回はシリンダー内部に多量の異物が溜っておりました(写真)中身に詰まった異物を根こそぎ取り出しました。よくここまで溜っていてシリンダーが動いていたなぁといったレベルです。内部は精密にできていますのでこういった小さい異物でもどんどん溜っていくと塊となり不具合を生じてきます。その後分解したシリンダーを元に戻し操作確認です。他に異常は無いみたいでスムーズに動き出しました完了です



 


鍵をシートに入れてシートを閉めてしまったとの電話です。一昔前のバイク車種のシートインロックとかだとシート、ハンドル、メット、ガソリン等色々な箇所に鍵が付いていてピッキングで解錠できていましたが最近販売されているバイクだとほとんど一カ所しか鍵が付いていない場合が多く、その一カ所で全ての操作ができるような仕組みになっております。そしてシートはピッキングで解錠できないような仕組みになっているため鍵を製作して解錠を行うことになります。また最近の原付(今回は2年落ち)の鍵は長くなっていて製作が難しくなっております。機械的な部分では最近の大型バイクと製作難易度はほぼ変わりはありません。しかも・・・



 


鍵が抜けないとの電話です。このシリンダー独特な構造になっております。DSに似ていますがタンブラーの数がDS10個入るスペースがあるのに対しこのシリンダーは11個入るスペースがあります(写真)。またタンブラー方式とロッキングバー方式が重なっているので防犯的に優れています。ただ今回のようなトラブル(部品が壊れていて何を行っても鍵が抜けない状態)を起こすと構造を詳しく知っていないと分解が出来ず破壊しか対応できないような状態になっております。当方もそうだろうと思っておりましたので今回は交換にて対応しましたが後々調べてみると色々と抜け道がありそうですねぇ。次回からは・・・



Copyright © 2020 カギ店長崎 All rights reserved.